中性脂肪の対策にDHAが有効って本当?

健康診断で嫌われ者の中性脂肪ですが、実はこの数字を下げるのにDHAが有効なんです。

DHAは青魚に含まれる脂肪酸の一種ですが、どうして中性脂肪の値を下げる作用があるのでしょうか。理由を探ってみましょう。

DHAは中性脂肪の生成を抑え代謝もサポートする

中性脂肪は脂っこいものだけから生み出されるわけではありません。糖やタンパク質など、つまり果物やご飯、卵や肉を食べる事でも生成されるんです。

油ではなく、使わなかったエネルギーを貯金しておくのが中性脂肪なんですね。

DHAは余分な栄養を中性脂肪に変える働きを抑えるため、血中の中性脂肪の値を下げてくれるんです。

またDHAには血管や赤血球などの細胞壁を柔らかく保つ作用があり、流れやすい血管と血液を作る作用があります。いわゆる血液サラサラ作用ですね。

そうなると血のめぐりが良くなり、酸素が細胞にどんどん届けられ、中性脂肪を含むエネルギーの代謝が活発になります。

つまりDHAは中性脂肪を燃やすサポートもしてくれるんですね。

さらにDHAと同じオメガ3脂肪酸であるEPAも一緒に摂取すると、より効果的に中性脂肪を減らす事ができます。

EPAは中性脂肪の吸収・生成を抑えて代謝も促してくれるため、ぜひDHAとセットで摂取したいですね。

中性脂肪を下げれば脳梗塞・心筋梗塞などのリスクも下がる

近年の研究で、中性脂肪の値を下げると悪玉コレステロールの数値も下がる事がわかっています。

この悪玉コレステロールが多いまま放置すると、血管が狭く脆くなってしまう動脈硬化が起こるんです。

動脈硬化が悪化すると血液の塊が血管に詰まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気を招いてしまいます。

DHAは中性脂肪の値を下げ、血管を柔らかくしなやかにする効果もあるので、動脈硬化やそこから生まれる病気を防ぐにはとても有効なんですね。

中性脂肪やコレステロール値が高いと健康診断で指摘されるのは、命に関わる病気につながるからだったんです。

DHAをしっかり摂取して、病気を予防していきましょう。

DHAはどうやって摂取する?

このように中性脂肪の値を下げてくれるDHAですが、摂取するのはなかなか大変です。

青魚に含まれている事は有名ですが、DHAはデリケートで壊れやすい栄養素なので注意が必要になります。

まず新鮮な青魚でないとDHAが壊れて摂取できなくなってしまうため、こまめに買い物に行かなくてはいけません。

さらに調理の方法によっても壊れてしまう場合が多く、フライなど高熱の油に魚を入れるとDHAが半分近く失われてしまいます。

DHAを魚から摂取したければ、生かグリルで新鮮な魚を毎日食べる必要があるんですね。

そうなるとかなり大変なので、DHAはサプリメントで摂取するのが最も手軽で現実的と言えます。

DHAのサプリメントで中性脂肪を下げたいなら、さきほど触れたEPAとセットで配合されているものを選ぶとさらに良いでしょう。

DHA・EPAの摂取を毎日の習慣にして、中性脂肪の数値をしっかり抑えていきたいですね。