DHA・EPAをセサミンと一緒に摂取したほうがいい理由

DHA・EPAはセサミンと一緒に摂取

健康を維持するには、基本となる血液の状態を良好に保つことが重要になります。

血液は栄養を身体中に巡らせる働きを持っています。この血流が滞ってしまえば、新しい細胞を作り出せなかったり、組織を保つことができなくなるため、機能が弱まったり壊死するリスクが高まります。

血液の循環をよくしてくれる成分として、DHAとEPAがあります。どちらも似たような働きがあるもので、同時に摂取するのが望ましい成分です。

これにセサミンを加えることで、より効果的に摂取することが可能です。

DHA・EPAを効率良く体内に届けるには?

DHAやEPAは青魚に多く含まれる健康によい成分ですが、空気に触れた途端に酸化が進行してしまうという欠点を持っています。酸化するとせっかくの効果が薄れるばかりか、かえって身体の老化を早めてしまう問題が生じやすくなります。

セサミンはゴマから抽出される成分ですが、抗酸化作用に優れるという特徴を持っています。酸化を防ぐ機能が高いため、一緒に摂取することでDHAやEPAの機能を損なうことなく、成分を体内に吸収できます。できるだけ一緒に摂取することを心がけましょう。

血液が滞る原因は、中性脂肪が増えて悪玉コレステロールの値が高まることです。血液の粘度が高まったり、血管を傷つけることで、血液の循環を妨げます。こうなると、高血圧が悪化したり、糖尿病に苦しめられる生活を送る危険が高まります。

さらに脳梗塞やくも膜下出血、心筋梗塞などの命の危険を伴う疾患を誘発することにもつながってしまいます。できるだけ、血液の健康を守ってくれる、これらの成分を摂取することで、いつまでも健康な身体を維持したいところです。

DHAには血液をサラサラにする働きがあります。EPAは血管をつまらせたり、破裂の原因になる血栓を溶かす作用を持っています。イワシやサバ、サンマ、マグロといった青魚に豊富です。クジラやブリなどにも含まれます。

油のよくのった青魚ほど、成分がたっぷりと含まれますので、旬の時期には積極的に取りたい食材です。加熱処理するより、生で食べるほうが効果が高くなります。お刺身で食べることをおすすめします。

しかし、加熱処理をしても十分に成分が保たれていますので、無理に生で食べる必要はありません。好きな食べ方で定期的に摂取する工夫をしてください。

DHA・EPAサプリメントはセサミン配合のものを選ぶようにしましょう

セサミンはゴマから抽出されますので、ゴマを振りかけたり、ゴマだれにして一緒に食べるなどの工夫をしてみましょう。青魚に直接手を加えるのではなく、ゴマを使った料理を別に用意して、一緒に食べるのでも構いません。

しかし、このような食生活を続けることが困難な人も世の中には大勢います。その場合には、DHAとEPA、セサミンを同時に摂取できる、サプリメントの利用が適しています。

現在市販されているDHA・EPAサプリの中でも、サントリーの商品などはセサミンを配合して酸化を防いでいるものが多く出回るようになりましたので、購入前にはチェックしてみることをおすすめします。

調理をすることなく、水だけで簡単に摂取できる方法です。これならば旅行中であっても、無理なく摂取を続けられるようになります。色々な商品がありますので、好みのものを選んでみましょう。